自己肯定感とは何か?簡単にわかりやすくお伝えします。

ALOHA☆

ハワイアンヒーリングサロンプアレイです。

横浜市青葉区にて、本格ロミロミ&スクール、幸せ講座などを行っています。

今回は自己肯定感について書きたいと思います。

自己肯定感とは?

自己肯定感が高い・低い、といった言い方を良くしますが、自己肯定感とは「自分の存在や価値を認める感情」といった意味があります。

自己肯定感が高い人の特徴は、自然とポジティブな考え方ができて、自分の軸をしっかり持ちながらも、周りの人を尊重したり認める事ができます。

ですので、人間関係も円滑になりますし、根拠がなくても「何とかなる、大丈夫」と自然に思える事ができたり

たとえ何かに失敗しても「ここを改善したら次は上手く行く」って思えるようになります。

自分に自信が持てるので、仕事も恋愛も上手く行きやすくなります。

自己肯定感が低い人の特徴

自己肯定感が低い人の特徴は、ネガティブになりやすく、人の目や意見に振り回されたり、人に認めてもらう為に必死になったりしやすいです。

また、自慢話が多かったり、人を見下すような人は、一見自信があるように見えるかもしれませんが、実は自己肯定感の低い人が多いです。

そうすると、人間関係も上手くいきづらくなってしまいますよね。

そして、どんなにスキルを身につけても、どんなに人に褒められても自信が持てずに、自分の才能や魅力を活かす事も難しくなってしまったりします。

自己肯定感の低さから、仕事で不満やストレスが溜まりやすくなったりしやすいですし

何かに失敗したら、やり方が違ったと考えるのではなく、自分には才能がないからだと落ち込んでしまったり、すぐに諦めてしまったりします。

恋愛においても自信のなさから相手に合わせすぎたり、束縛してしまったりして上手くいきづらくなってしまう傾向があります。

なぜ自己肯定感が低くなってしまったのか?

自己肯定感は、遺伝的なものもあると言われていますが、育った環境がとても大きく影響します。

例えば、幼い頃にご両親に

「あなたは何をやってもダメなんだから」
「どうしてこんな簡単な事も出来ないの?」

否定的な言葉を言われ続けながら育つと、自己肯定感が低い子供になってしまいます。

3つ子の魂100まで、というコトワザがありますが

実は、小さい頃に出来上がった信念なども、大人になってから大きく影響するようになってしまうんですね。

幼い頃はとても純粋なので、何色にも染まる事ができる時期です。

幼い頃にご両親などに言われた言葉は、まるで洗脳のように、潜在意識(心の奥深くにある無意識の部分)に刻まれていきます。

なので、小さい頃に「自分はダメな子なんだ」という信念ができてしまうと、大人になってからもずっとその信念を持ち続ける事になってしまいます。

逆に、幼い頃に良い言葉をたくさんかけられたり、成功体験が多いと、自己肯定感が高い子供になっていきます。

なので、たとえ勉強ができなかったとしても
「この前の点数よりも良くなってる、よく頑張ったね」
「あなたのアイデアは天才的ね」
など、褒められて育った方が自己肯定感は高く育ちます。

でも過保護すぎたり、甘やかしすぎたりするのは、その子が大人になってから困る事もあるので、ダメな事はダメって教える事はとても大切ですよね。

何事もバランスなのだと思います。

自己肯定感が低いのは誰のせいでもない

親も自己肯定感が低いし、育った環境も否定され続けてきたから、もう仕方がないのか?というと、そうではありません。

日本人は、「〜べき」という考え方や、自分らしさや長所を育てるよりも、人に同じ事ができるように教わったりするので、どちらかといえば自己肯定感が低い人の方が多いように感じます。

私の場合は、母がとても躾が厳しく虐待のような感じでしたし、学校ではいじめに合って酷い言葉を毎日浴びせられてきたので、自己肯定感がかなり低く育ってしまいました。

ですので、大人になってから、躁うつ、摂食障害、依存症など、凄く苦しみました。

ちょっと精神的にバランスを崩すと「自分は生きていていいんだろうか?」「消えてしまいたい」という感情が無意識に溢れてきたりしてました。

でもセラピーで体内記憶を思い出した時に、自分は被害者ではなく、むしろ苦しんでる親を助ける為にこのお母さんを選んできたという事に気づいたんですよね。

私は大変な思いをして乗り越える事で、同じように苦しんでいる人をサポートしていく役目がある事も、人生の計画の1部に組み込んで生まれてきた事も理解できました。

乗り越える為にあえて、そういう環境を選んできたので、乗り越える事で大きなギフトに変わります。

親のせいや辛い体験のせいにしていたら乗り越える事はできません。

過去の経験を乗り越え、ギフトに変えて才能として発揮する事ができるんですね。

大人になって自己肯定感を高めるには、少し時間はかかるかもしれませんが、意識的に自己肯定感を上げようとしていけば、変えていく事ができます。

その事については、次の記事で詳しく説明していきますね。
→「自己肯定感を高める方法☆大人になっても育てる事ができる!」の記事へ

 

お読みいただき、ありがとうございます。
MAHALO☆

関連記事

PAGE TOP